このブログについて

  • 被害者の方への誹謗・中傷などの記事は、削除させていただきます。
    ゴーイングに関係のないコメントの投稿はご遠慮下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) 】 | Trackback(-) | Comments(-)
JATAからの書類
昨日(3月8日)、JATAからの書類一式が届きました。

いろいろと提出するものがあるようで、説明書等まだ全部読みきっていませんが、
提出期限は5月になっていたので、これからゆっくり書こうと思います。

3月10日をめどに書類発送とのことですので、
ここ数日中にJATAからの書類が届かない場合は、
もう一度電話をしたほうがいいと思います。

スポンサーサイト
ゴーイング倒産 | 【2008-03-10(Mon) 】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
国土交通省へ要望を!
ぴこさんからの情報です。

国土交通省のホットラインは、先日もUPしましたが、
 【受付時間】平日の午前10時から午後5時
    電話 03-5253-4150

電話以外に、航空関係について意見を述べられるページがあります。
国土交通省ホットラインステーション
航空関係・その他
https://www.mlit.go.jp/hotline/hotline1299.html

こちらにメールフォームがありますので、ここから要望を送ることができます。

ゴーイング倒産 | 【2008-03-03(Mon) 】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新聞の取材があるようです!
ぴこさんからの情報です。

毎日新聞がゴーイングの件で取材をしているようです。
2月25日のコメントですので、まだ取材が継続されているかどうかはわかりません。

トラベルコンサルタントひろさんの賢い旅行術というブログのゴーイングに関する記事の中のコメントに
黒川さんという記者の方のメールアドレスが記載されています。

ひろさんの記事はここから!

ゴーイング倒産 | 【2008-03-02(Sun) 】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
おなじような被害がまた
こんな記事を見つけました。

旅行リンク Travel Page 管理人のブログより

旅行会社 アイランズサーフアンドリゾーツ(ISR)、営業停止

旅行会社のアイランズサーフアンドリゾーツ(ISR)が
2月19日で営業停止したのことです。

同社のサイトは既にアクセスできなくなっています。
http://www.islands-surf.com/

そこで、、
JATA(社団法人日本旅行業協会)正会員ということなので
「JATA会員リスト」の「あ」で検索です。

*このあたり、先のゴーイングさん営業停止の際と手順同じです*

検索結果画面の「旅行業者名」欄にある
 (株)アイランズサーフアンドリゾーツ (追加情報有) ←クリックすると
営業停止についてのお知らせ、連絡先が出てきます。


こちらの被害状況については、この旅行リンク さんのブログ以外には記事を見つけられないので
一切わかりません。

帝国データバンクによると、昨年だけで30社以上の旅行社が倒産しているのだとか。
今年になってからも1月だけで3社だそうで、倒産って実はとても多いようです。

そんな中こんなサイトもありました。
お詫びとご連絡(株式会社ツアーオフィス)
ゴーイングにもこれくらいのことはして欲しいとしみじみ思いました。


ゴーイング倒産 | 【2008-02-28(Thu) 】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2月28日の状況
今日JATAに電話してみました。

本日までの状況を聞いたところ、正確な数字は教えてもらえませんでしたが、
被害者の数は、250人を超えているようです。
金額のほうは、4,000万円ちょっと。
はっきりとは言えませんが、今のところ全額返金できるのではないかとのコメント。

3月10日を目処に書類を発送するということなので、
その辺までに何も連絡が来ない場合は、再度電話してくださいとのことでした。

それから地元の消費者センターに電話相談してみました。
ゴーイングと連絡が取れない以上、差額請求についてはかなり難しいのではとのこと。
実際にキャンセルをしたホールセラーについて請求ができるかどうかという質問には、
きちんとした法律家に相談してくださいというお返事でした。

ゴーイング倒産 | 【2008-02-28(Thu) 】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメントのまとめ
頂いたコメントの中からのまとめです。

JATAの連絡先:03-3592-1265
          月~金 9:30-12:00 13:00-17:30

国土交通ホットラインステーション:03-5253-4150
          月~金 10:00-17:00 

JALのカスタマーセンター:0120-25-8600

早稲田大学が無料で法律相談をしているようです。(下記、URL参照)
http://legal-clinic.mylawyer.jp/pc/

月曜日は仕事で無理なので、火曜日に現時点の状況をJATAに聞いてみるつもりです。

ゴーイング倒産 | 【2008-02-23(Sat) 】 | Trackback:(0) | Comments:(10)
トラベル遊のこと
りょうさんから、今回のゴーイングの件と同じようなケースがあったことを教えていただいたので、チェックしてみました。

これは2005年末に起きたことですが、最初に見つけたサイトで、
11万円の被害に対し、JATAからの返済金が3,000円ほど
というのを見てビックリ!

よくよく調べてみると、

まずJATAの2006年1月5日の記事

株式会社トラベル遊の業務停止について

 株式会社トラベル遊(東京都知事登録旅行業第3-5437号)は、平成17年12月23日頃、業務を停止した模様です。現在に至るも、同社には連絡がとれず、また、代表者の所在も把握できていない状態です。

 当協会では、旅行業法に基づき、同社との旅行業務に関し取引をしたことによって生じた旅行者の債権について弁済を受けるための手続きをご案内しており、1月下旬に弁済の申出書類を送付する予定でおります。

同社に航空券等を申込み、代金を支払ったお客様で、航空券の引き渡しを受けていない方及びそれにより旅行を中止されたお客様は、至急下記窓口までご連絡ください。

なお、当協会で、株式会社トラベル遊に関し弁済する金額は、総額で450万円が限度となっています。

こんなお知らせ、ゴーイングについては見てないような気がしますけど・・・

さらにTravel Vision の記事 2006年4月ごろの記事と思われます。

トラベル遊の債権申出が確定、申請金額で9350万円、消費者から信用調査も増加中

 日本旅行業協会(JATA)によると、昨年12月末に倒産したトラベル遊関連で被害申し出件数1225件、人数にして約1700名、総額1億6300万円としていたが、3月末に債権申出期限を迎え、確定した。確定した債権申立件数は606件、対象人数は1019人、申請金額にして9350万円。当初は10万円について2700円の弁済金となる予定であったが、確定では10万円あたり4800円となる見通しだ。
 一人当たりの弁済金が増額されることについて、JATAでは「正確な分析はしていない」とコメントしているが、申請の手間に対して還付率が低いことから、申し立てが半分ほどとなり、結果的に一人当たりの弁済金が上がったものとの見方。

以上2つの記事の内容からすると、トラベル遊の返済金が少ない理由は、

1.被害件数及び金額が大きい。
2.JATAの返済金総額が低い

と思われます。

私がJATAに電話をした時(2月8日)の話では、
被害者数(件数かもしれません)が約250人、被害総額は4,000万と見積もっている。
それに対して、JATAでの返済金は7,000万円ということでした。
この250人という人数については、どのようにして算出されたのかは不明です。

どの辺の債権申し立てまでJATAが保障するのかがよくわからないので、
はっきりしたことは言えませんが、少なくともトラベル遊の件よりはいいのではないでしょうか。

トラベル遊の件については、以下のサイトに詳細がまとめてあります。
~ 旅行会社・トラベル遊の倒産に学ぶ、航空券購入の再検証 ~

ただ、私がネット検索した限りでは、JATAとは別の訴訟に関する記事は見つからず。

再購入した航空券との差額やホテルのキャンセル料などの損害については、
JATAは関知しないわけですから、個人等で別途請求することになるはずなのですが。

皆さん、諦めてしまったのでしょうか。

JATAからの返済金については、もう書類を出して待つしかありませんので、
ゴーイングに対しての損害請求についての情報が欲しいところですね。

JATAのTOPにも、消費者相談コーナーのTOPにもゴーイングのことに関する記載は全くありません。
さらにJATAの正会員リストにはまだゴーイングの名前はあるんですね。
頭のところに追加情報ありと書いてあり、そこをクリックすると

追 加 情 報 (2008年02月04日 現在)

当社は2月1日夕方付で営業を停止したと通知を受けました。当該会社と旅行業務に関する取引について債権を有する方はTEL:03-3592-1265へご連絡ください。時間:9:30~12:00、13:00~17:30(月曜日から金曜日・祝祭日除く)

と書かれたWindowが開きます。

ゴーイング倒産 | 【2008-02-21(Thu) 】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
追加記事など
かおりんさんのコメントを拝見し、もう一度検索してみました。

日刊旅行通信 2008/02/12

航空局が情報収集を開始-ゴーイング問題の搭乗拒否関連で

 2月1日に営業停止したゴーイングの顧客が、eチケットが発券されたにも関わらず搭乗を拒否された件で、国土交通省航空局が情報収集を開始した。ゴーイングに航空券を卸したホールセーラーが、代金の入金がないことを理由にリファンドし、航空会社は予約が取り消されていることから搭乗を拒否したと見られており、それが事実の場合は債務不履行にあたる可能性がある。総合政策局観光事業課によると、今回の航空券ホールセーラーの問題ついては、旅行会社の業務ではなく、IATA代理店としての業務であることから、航空局が管轄となった。航空局では「事実を正確に把握できていない」として、観光事業課など省内の関係部署、航空会社などに事実確認に着手しているという。


日刊旅行通信 2008/02/13

国交省、ゴーイング問題で情報収集着手も全体像みえず-過去の事例確認も

 国土交通省航空局は、2月1日に営業停止したゴーイングの顧客が、発券されたeチケットを所持しているにも関わらず搭乗を拒否された件で、情報収集や事実確認などを進めている。ただ、「いろいろと話は来ているが、全体像が見えていない」(航空局管理部航空事業課)状態と、まだ手探りの状況のようだ。航空事業課ではその理由として、「航空会社やホールセラー、旅行会社、消費者と様々なプレーヤーが存在し、さらにIATA代理店などの仕組みも絡む。それぞれの契約内容や商習慣などを把握する必要がある」と説明する。そのため、2005年末のトラベル遊による混迷を踏まえ、国交省としての見解や対応など見直しを進めているという。

 なお、今後については、「状況を把握できていない」としつつも、「各プレーヤーで認識が一致していないのであれば一致するべき」としている。


日刊旅行通信 2008/02/13

 国土交通省航空局はゴーイングの営業停止に関連し、eチケットを所持する顧客が搭乗を拒否された件で、「運賃を支払ってeチケットを発券された消費者が搭乗できないのは問題で、改善されるべき」という考え方を固めた。現在は、引き続き情報収集や事実確認を進めている状態。具体的な進展はないものの、「なにが出来るのかを探っている」といい、「(航空会社などへの)周知も検討している」という。



この1週間ほど(旅行期間を除いて)、ゴーイング、旅行、倒産などで検索を試みていますが、
ちょっと気になったこと。

地球の歩き方やgooなどで、ちらっと今回のことを書き込んだ記事があったようですが、
全部削除されていました。
キャッシュで確認しても、特に問題になるような記事でもないようなのでちょっと気になります。

ゴーイング倒産 | 【2008-02-21(Thu) 】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
帰国しました~~!
本日無事バリから帰国しました。

のんびりとした旅行でしたが、やはり年のせいか疲れが・・・^^
旅の詳細は、後ほどゆっくりしようかと思っていますが、
バリでの5日間、夢のような日々でございました。

まだまだこれからいろいろとありますけど。

いずれにしても旅行に行けた私達は、まだラッキーと思わなくちゃいけませんね。

ゴーイング倒産 | 【2008-02-19(Tue) 】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
行ってきます!
ただ今13日の午後10時です!

今日は午後から仕事。
なんとかそれまでにすべて確認済みにしたかったmomochiですが、
なかなかそうはいきませんでした。

まずウブドさんからお知らせのあったホールセラーによる予約の復活の件
朝一番でガルーダに確認したところ、やはりしてありました。
要するに二重に予約が入っていたという訳です。

が、ホールセラーがどこかわかりませんし、ガルーダでも教えてもらえない以上
私としてはどうすることもできません。
だいたい、予約復活してくれても、連絡もなし、e-チケットもなしじゃ、話にならん(`へ´)
いったいどこのなんという会社なんじゃ~~~!

ということで、もう無視することにしました^^
再びJATAに電話をしてその旨報告し、フレックスのチケットで出発することに。

続く心配事は、朝一番に来るはずのe-チケットが来ない(/_;)
フレックスに電話するも、間違いなく今日中にお送りします、申し訳ありませんとの返事。

仕事に出る前に全部終わりにしたかったのにぃ・・・
と1時間おきに催促。

やっと午後1時50分にメールが来ました。
そしてe-チケット印刷終了(^。^;)ホッ

これですべて準備が整ったということ(たぶん・・・)

あとは朝寝坊をせずに、成田に行くだけ・・・のはずです。

まだまだ飛行機に乗るまでは安心できませんけどね。

とまぁ最後の最後まで、本当にいろいろありましたが、とにかく行ってきま~~~す。


ゴーイング倒産 | 【2008-02-13(Wed) 】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。