このブログについて

  • 被害者の方への誹謗・中傷などの記事は、削除させていただきます。
    ゴーイングに関係のないコメントの投稿はご遠慮下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) 】 | Trackback(-) | Comments(-)
追加記事など
かおりんさんのコメントを拝見し、もう一度検索してみました。

日刊旅行通信 2008/02/12

航空局が情報収集を開始-ゴーイング問題の搭乗拒否関連で

 2月1日に営業停止したゴーイングの顧客が、eチケットが発券されたにも関わらず搭乗を拒否された件で、国土交通省航空局が情報収集を開始した。ゴーイングに航空券を卸したホールセーラーが、代金の入金がないことを理由にリファンドし、航空会社は予約が取り消されていることから搭乗を拒否したと見られており、それが事実の場合は債務不履行にあたる可能性がある。総合政策局観光事業課によると、今回の航空券ホールセーラーの問題ついては、旅行会社の業務ではなく、IATA代理店としての業務であることから、航空局が管轄となった。航空局では「事実を正確に把握できていない」として、観光事業課など省内の関係部署、航空会社などに事実確認に着手しているという。


日刊旅行通信 2008/02/13

国交省、ゴーイング問題で情報収集着手も全体像みえず-過去の事例確認も

 国土交通省航空局は、2月1日に営業停止したゴーイングの顧客が、発券されたeチケットを所持しているにも関わらず搭乗を拒否された件で、情報収集や事実確認などを進めている。ただ、「いろいろと話は来ているが、全体像が見えていない」(航空局管理部航空事業課)状態と、まだ手探りの状況のようだ。航空事業課ではその理由として、「航空会社やホールセラー、旅行会社、消費者と様々なプレーヤーが存在し、さらにIATA代理店などの仕組みも絡む。それぞれの契約内容や商習慣などを把握する必要がある」と説明する。そのため、2005年末のトラベル遊による混迷を踏まえ、国交省としての見解や対応など見直しを進めているという。

 なお、今後については、「状況を把握できていない」としつつも、「各プレーヤーで認識が一致していないのであれば一致するべき」としている。


日刊旅行通信 2008/02/13

 国土交通省航空局はゴーイングの営業停止に関連し、eチケットを所持する顧客が搭乗を拒否された件で、「運賃を支払ってeチケットを発券された消費者が搭乗できないのは問題で、改善されるべき」という考え方を固めた。現在は、引き続き情報収集や事実確認を進めている状態。具体的な進展はないものの、「なにが出来るのかを探っている」といい、「(航空会社などへの)周知も検討している」という。



この1週間ほど(旅行期間を除いて)、ゴーイング、旅行、倒産などで検索を試みていますが、
ちょっと気になったこと。

地球の歩き方やgooなどで、ちらっと今回のことを書き込んだ記事があったようですが、
全部削除されていました。
キャッシュで確認しても、特に問題になるような記事でもないようなのでちょっと気になります。
スポンサーサイト


ゴーイング倒産 | 【2008-02-21(Thu) 】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

by aiko | 2008-02-21 木 16:08 | URL [ 編集]
私も何かお手伝いができたらと思い国土交通省のホットラインに電話して見ました。

まずは保障についてはJATAに、ということ。

次に調査に関しては、現在調査中ということで、まだ回答できないということ。そして今後何らかの発表をするということでした。

やはり待つしかないようです。


私が他に気になるのは、予約を取り直した時の差額分が戻ってくるかです。

私の知り合いには法律家が全くいないのですが、早稲田大学が無料で法律相談をしているようです。(下記、URL参照)
http://legal-clinic.mylawyer.jp/pc/
私は忙しくて、行けそうにないのですが、情報として載せておきます。

今回はこれぐらいです。

P.S.
申し遅れましたが、ご旅行に無事行くことが出来てなによりですね。
これからも情報交換ができたら、と思います。

aikoさんへ! by momochi | 2008-02-21 木 18:15 | URL [ 編集]
いろいろと情報をありがとうございます。

私の場合は、数日前ということで正規航空券を買わずに済みましたが、当日だったら2人分で40万近くになるところでした。

差額分の損害を取り戻すということは、別途請求をすることになると思いますが、そのためにどうするかは、やはり専門知識を持つ人に相談するしかなさそうですね。
素人の私にはいったいどうすればいいのか、全くわかりませんから。
無料の法律相談の情報もありがとうございました。

JATAの手続きも書類を揃えるのがかなり面倒のようで・・・
さらにとても時間がかかるようです。
頑張るしかありませんね。

>申し遅れましたが、ご旅行に無事行くことが出来てなによりですね。

ありがとうございます。
私達は皆さんに比べると本当にラッキーでした^^
8日午後、大手の旅行社に電話かけまくりましたが、間際ということでほとんど料金が倍近く、さらに席がないと言われ、ほぼ諦めかけていたのですが、最後にフレックスで取れたわけですから。
(フレックスも小さい会社なので、当日空港に着くまでドキドキでしたけど)

これが年末などだったら、代わりのチケットも取れず、ホテル代のみ全額支払うということになっていたことでしょう。
これは航空券代よりはるかに高額でした。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。