このブログについて

  • 被害者の方への誹謗・中傷などの記事は、削除させていただきます。
    ゴーイングに関係のないコメントの投稿はご遠慮下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) 】 | Trackback(-) | Comments(-)
コメントのまとめ
頂いたコメントの中からのまとめです。

JATAの連絡先:03-3592-1265
          月~金 9:30-12:00 13:00-17:30

国土交通ホットラインステーション:03-5253-4150
          月~金 10:00-17:00 

JALのカスタマーセンター:0120-25-8600

早稲田大学が無料で法律相談をしているようです。(下記、URL参照)
http://legal-clinic.mylawyer.jp/pc/

月曜日は仕事で無理なので、火曜日に現時点の状況をJATAに聞いてみるつもりです。
スポンサーサイト


ゴーイング倒産 | 【2008-02-23(Sat) 】 | Trackback:(0) | Comments:(10)
コメント

お先真っ暗・・・。 by マック | 2008-02-23 土 23:06 | URL [ 編集]
ゴーイングで航空券を手配し、
”e-チケットなので、搭乗当日空港カウンターで名前を告げて貰えれば結構ですよという、
話を鵜呑み。だからe-チケットの番号も聞いていなかった。
こんなんどうしたらええんやろか?
ちなみに振り込んだ際の領収書と請求書は持っています。
これだけでJATAに申し立てはできるのかどうか??
金額は9万円×6人分=54万円。

マックさんへ! by momochi | 2008-02-23 土 23:25 | URL [ 編集]
大変でしたね。

私達はe-チケットも発行されませんでしたから、振込み受領書しかありませんが、
JATAに電話した際、それでOKと言われました。

とりあえずJATAに連絡してみましょう。

マックさん by aiko | 2008-02-23 土 23:27 | URL [ 編集]
マックさんのお気持ち分かります。
私はバカ高いチケットを買いなおしました。

JATAに連絡はしましたか?
躊躇なさらずにまずは旅行の専門の方々に相談された方がいいと思います。

手間もかなりかかりますし、時間も大分かかるようですが、被害も大きいようですし、明日にでも電話をなさることを強く勧めます。
解決するまで一緒に頑張りましょう!!


ほんまみんなガンバろ。 by マック | 2008-02-23 土 23:40 | URL [ 編集]
月曜日、とにかくJATAに電話します。
因みにこんなわたしでも旅行業務取扱主任者。(苦笑)値打ちね~。

マックさんへ! by momochi | 2008-02-23 土 23:48 | URL [ 編集]
まずは、できることから一つずつ!

aikoさんのおっしゃるとおり、時間がかかるかもしれませんが、
全額戻ることを信じてがんばりましょう。

>因みにこんなわたしでも旅行業務取扱主任者。(苦笑)値打ちね~。

仕方ありませんよ^^
誰も予約をしっかり受け付けている会社が、その数日後に倒産するとは思いませんから。

momochiさんへ! by マック | 2008-02-23 土 23:58 | URL [ 編集]
そうですよね。
誰もこれだけは分かりませんよね。

でもノーギャラとはいえ、手配を引き受けた以上、幾らかのお詫びはするつもりです。
はぁ~。

因みに携帯からこのブログは閲覧できますか?明日仕事なんで、PC触れません。

マックさんへ! by momochi | 2008-02-24 日 01:52 | URL [ 編集]
取り急ぎ、携帯でも見られるようにしました。
URLは同じです。

今朝 電話しました。 by マック | 2008-02-25 月 09:54 | URL [ 編集]
JATAに朝一に連絡。
3/10までに資料一式を送付するとの事。

担当の話によると、やはり”トラベル遊”の件と比べ、被害総額が少ないとの話。
被害金総額が保証金7000万以下に収まった場合、旅行代金総額が返金される見込み。
どうか1円でも多く返金されることを祈って。

お話の追加。 by マック | 2008-02-25 月 10:25 | URL [ 編集]
またまたJATAに電話。
気になった件でいくつか質問。
担当の話によると、
弁済金7000万円(第一種)で最近潰れた旅行会社で損害額が7000万を超えたのは最近少ないとの事。(つまり全額補償)
弁済金7000万はあくまで消費者(旅行者)、つまり私達だけに弁済されるものであって、取引業者との間にあった未払い金等には充当しないとの事。

総括 ある程度楽観的に考えてもいいのではないか?

マックさんへ! by momochi@仕事先 | 2008-02-25 月 12:38 | URL [ 編集]
情報ありがとうございます。

>弁済金7000万はあくまで消費者(旅行者)、つまり私達だけに弁済されるものであって、取引業者との間にあった未払い金等には充当しないとの事。

これが私も気になっていたところでしたので
少しホッとしました。

おそらくゴーイングの台帳から算出したとみられる250人の被害者ですが、
このニュースの後、ホールセラーによって予約が復活された方もだいぶいたようですし、
実際の被害者数はもっと減るのではないでしょうか。
そうなるととりあえずゴーイングのチケット代は全額保障される見込みが大ですね。
よかったです^^

ただ別のチケットを購入した方については、そこでの差額による損害のほうが大きいことも。

私もチケットを買い直しました。
(差額は小さいですが)
もし別のチケットを買わずに旅行を止めた場合、ホテル代のキャンセル料を20万以上支払わなければなりませんでしたから。
JATAから返金されるチケット代の損害より大きかったのですよ。

まだまだ全て解決というわけにはいきませんが、朗報をありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。